2019年03月19日

2019年03月18日のつぶやき
































































































































































































posted by 長野トミー at 00:01| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

トランプ大統領 様 2019-03-18:「ファーウェイ」の(CFO)孟晩舟(モンワンジョウ)氏だけが唯一の中国人ではない。 中国政府は日本で働いた貧乏な中国人も助けるべきだ。 中国のメディアは日本政府の違法な逮捕と裁判を報道すべきだ! 共産主義は人民のものだ!


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


トランプ大統領 様


2019-03-18:「ファーウェイ」の(CFO)孟晩舟(モンワンジョウ)氏だけが唯一の中国人ではない。
中国政府は日本で働いた貧乏な中国人も助けるべきだ。
中国のメディアは日本政府の違法な逮捕と裁判を報道すべきだ!
共産主義は人民のものだ!


拝啓。日本に滞在する外国人は、「永住」や「日本人の配偶者」などの資格をのぞいて、
在留資格ごとに、職業が制限されています。
「在留の資格」ごとに定められた活動以外で収入を得ると、
「不法労働」として入管法の70条で処罰させられます。
もちろん在留期限がオーバーした外国人は「不法滞在」ですから「不法労働」です。


「不法な労働」は、「働く資格のない外国人」と「働く資格のない外国人を雇用する事業者」で「成立」します。
それで「事業者」を入管法73-2条の「不法な就労を助長する罪」で処罰しています。

入管法では、「不法就労」した外国人っと違法に外国人を雇用した事業者(雇用者)の両方を処罰しています。
まず関係の入管法を知りましょう

1. 働く資格のない外国人が不法に働いて収益をえると「不法な労働の罪」で「処罰」されます。
根拠法は入管法第70-4条の「資格外の労働」です。

第70条  次の各号のいずれかに該当する者は、
3年以下の「懲役」若しくは「禁錮」若しくは300万円以下の「罰金」にする。
又はその「懲役」若しくは「禁錮」及び「罰金」を「併科」する。

一 第3条の規定に違反して本邦に入つた者
二 入国審査官から上陸の許可等を受けないで本邦に上陸した者
三 第22条の4第1項(第1号又は第2号に係るものに限る。)
の規定により在留資格を取り消された者で本邦に残留するもの
三の二 第22条の4第7項(第61条の2の8第2項において準用する場合を含む。)
の規定により期間の指定を受けた者で、当該期間を経過して本邦に残留するもの

四 第19条第1項の規定に違反して収入を伴う事業を運営する活動
又は報酬を受ける活動を専ら行つていると明らかに認められる者。

来週に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

世界の皆さん、日本の司法のクレイジーな「法の論理」を「糾弾」してください。
皆さん、この問題を「G20」や「国連の人権理事会」で取り上げてください。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。
私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、
皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が入管法22-4-4条の支援を理由として、
入管法70条に対して刑法の62条「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。
しかし、入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博




私の情報 ***************************************************

郵便番号
住所 Japan
名前 YasuhiroNagano長野恭博

メール


不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp




#MeToo Human rights victim!


To President Trump


2019-03-18: (CFO) Mr. Mongoliao (Mr. Mongwang) of "Huawei" is not the only Chinese.
The Chinese government should help poor Chinese who worked in Japan.
Chinese media should report the illegal arrest and trial of the Japanese government!
Communism belongs to the people!


Dear sirs. For foreigners staying in Japan,
occupation is restricted for each status of residence except
for qualifications such as "permanent residence" or "spouse of Japanese."
If you earn income for activities other than those stipulated
for "status of residence" you will be punished under Article 70
of the Immigration Act as "illegal work".
Of course, foreigners whose period of stay is over are "illegal stay" so it is "illegal work".

"Illegal labor" is "established" by "foreigners not eligible to work"
and "employers hiring foreigners who are not eligible to work".
That is why "business entities" are punished under Article 73-2
of the Immigration Act as "a crime that promotes illegal employment".

Under the Immigration Control Law, both foreigners who "work illegally"
and businesses (employers) who illegally employed foreigners are punished.
Let's first know the immigration law of the relationship

1. If foreigners who are not qualified to work work illegally to earn money,
they will be "punished" by "crime of illegal labor".
The legal basis is "work outside the status of qualification"
in Article 70-4 of the Immigration Control Act.

Article 70 Any person who falls under any of the following items shall be "imprisonment"
or "imprisonment" of 3 years or less or "fine" of 3 million yen or less.
Or "compulsory" of "imprisonment with work" or "imprisonment without work" and "fine".

(I) A person who entered Japan in violation of Article 3
(Ii) A person who has landed in Japan without receiving permission
from the immigration inspector for landing
(Iii) Those who have been rescinded of their status of residence and remain
in Japan pursuant to the provisions of Article 22-4,
Paragraph 1 (limited to those pertaining to item 1 or item 2)
A person who has been designated a period pursuant to the provisions of Article 22-4,
Paragraph 7 (including the case where it is applied mutatis mutandis pursuant to Article 61-2-8,
Paragraph 2) What remains

(Iv) Persons who are clearly authorized to exclusively engage in activities that operate revenue
or receive compensation, in violation of Article 19, paragraph 1.

It will continue to next week.
I will continue until you understand.

Please "condemn" the crazy 'logic of law' of Japanese judiciary, everyone in the world.
Everyone, please take up this problem at "G20" or "UN Human Rights Council".

This mail is also sending the same mail to the "Prime Minister's Official Residence" in Japan,
"LDP" and "Politicians". They still do not have "justice" to rule Japan under the law.
"International people"!
Please stand up to make the world a society where freedom, democracy and human rights are protected.

I "appeal" the two things.
It is "international" human rights violation by the Japanese government.
We ask for your support so that our "honor recovery and compensation" will be done.

1. Foreigners conducted "illegal work" other than "qualification for residence".
But a foreigner is innocent.

Only foreigners were punished by Article 70 of the Immigration Control Act "Sins of illegal labor".
On the other hand, the Immigration Control Act punishes employers
who are "cause-and-effect relationships" of illegal work with the Immigration Act 73-2
(a crime that promotes illegal employment).

However, the Japanese judiciary "disposal" only foreigners, but they do not dispose of employers.
This obviously violates "principle of equality under the law"
And we are in violation of international law prohibiting conscious disposal only of foreigners.

If an employer who illegally employed a foreigner is innocent,
a foreigner who has worked illegally is innocent.
If so, there is no one "who supported other crimes of criminal law" against Article 70
of the Immigration Act.
"I, KinGungaku, a diplomat in the Philippine country,
a staff member of the Philippine Embassy" is innocent.

2. It is "crazy" that the prosecution "applies" criminal law Article 62 "crime to support other crimes"
against Article 70 of the Immigration Act,
for reasons of support under Article 22-4-4 of the Immigration Act.
The logic of law is out of order.

Foreigners conducted the act prescribed in Article 22-4-4 of the Immigration Act
(acquisition of status of residence by submitting false documents).
However, there is no "criminal punishment" against this.
Disposition is "cancellation of status of residence" by "Minister of Justice"
and "compulsory withdrawal to foreign countries".
Therefore, "Article 62 of the Penal Code, (crime of supporting other crimes)" can not be applied.
However, there is no causal relation with Article 70 of the Immigration Control Act.
At all, the logic of law is out of order.

The Japanese government is "crushing" complaints.
"Crush" by state power is "stop" of "Statute of limitations".

The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

There are many victims in the world.
Please "salvage" a lot of "victims" with "courage and justice".
I request the Japanese government to "recover honor"
and "compensation for the victim" of the victim.

Best regards. Yasuhiro Nagano


My information ***************************************************

Zip code
Address Japan
Name Yasuhiro Nagano Yasuhiro Nagano
Mobile phone
Email


For uncertainties, please contact us!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

***************************************************




posted by 長野トミー at 06:21| Comment(0) | トランプ大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 米国トランプ大統領殿【日本の天皇】コイツは羽賀研二以下かもしれない。 小室さんが眞子さまの1億円をあてにしていた証拠が発覚?NYでのセレブ留学のつけは...


拝啓 米国トランプ大統領殿【日本の天皇】コイツは羽賀研二以下かもしれない。
小室さんが眞子さまの1億円をあてにしていた証拠が発覚?NYでのセレブ留学のつけは...


何?やっぱり小室圭は眞子さまの一時金1億5000万あてにしてたのか?
とんでもないやつや!身を粉にして働けや。人の皇室のお金を当てにするな。
いい加減に強制破談にするべきだ
超美人なら男が惚れ抜くのも分からんでもないが、
どう見たってコムロは10000%カネ目当ての詐欺に決まってる。
自分を鏡で、惚れて貰える顔か??、成人なら分かるはず、
親なら精神科に連れていくけどなあ。

シェア元タイトル
小室さんが眞子さまの1億円をあてにしていた証拠が発覚?NYでのセレブ留学のつけは...
【天皇陛下と皇族皇室CH】
シェア画像動画URL
https://youtu.be/o_04sfZmg1Q
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年3月6日は【啓蟄(けいちつ)】啓は「ひらく」、蟄(ちつ)は「土中で冬ごもりしている虫」の意味で、大地が暖まり冬眠していた虫が、春の訪れを感じ、穴から出てくる頃。
★今日のホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/03/March-14-2019-1200x800.jpg
※日本を法の下で統治する国にするためにホワイトハウスに毎日メールしています。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!

posted by 長野トミー at 05:37| Comment(0) | 日本いいね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする